1:2015/07/27(月) 12:36:20.88 ID:

     日本の内閣府は今年6月、出生率の低下に関する白書を発表した。これには現代の若者の、恋愛への態度に関する調査内容が含まれた。

    その結果によると、20−39歳の独身者のうち46.2%が「恋愛が面倒」と回答した。日本新華僑報が伝えた。

     28.8%は未婚かつ恋愛をしていないと回答。39.1%の女性と36.2%の男性は、恋人が欲しくないと回答した。注目すべきは、50歳までに結婚した経験を持たない日本人の比率が上昇していることだ。

     この現象の重要な要因は、「貧困」だ。調査結果によると、低所得の若者ほど恋愛に興味を持たない。日本の恋愛関係は経済力、特に男性の所得水準によって左右される。
    調査結果によると、女性の30%が年収500万円以上の男性としか結婚したくないとした。この残酷な現実によって、日本の多くの低所得の貧困青年が、恋愛をあきらめている。

     プライベートの時間がほとんど取れないことも、もう一つの重要な原因になっている。残業文化の影響により、人々はほとんどの時間を仕事に捧げている。
    指で数えられるほどの休日は休息にも間に合わないほどなのに、異性と知り合い、相手を理解し関係を発展させ、これを維持することができるはずがない。
    多くの人は、恋人を作っても結婚に至る時間はないことを意識している。そのため「頑張る」ことをあきらめているのだ。

    「恋愛をする金がない」、「恋愛をしたくない」というよりは、日本の若者は「恋愛をする金がない」から今日の「恋愛をしたくない」に至ったと思われる。

     日本では、激しく恋をすべき年齢の若者が、恋人を作らないという現象に陥っている。
    むしろ連れ合いと共に老いるはずの高齢者が、果敢にも老いらくの恋を始めているのだ。これは興味深い現象だ。

     厚生労働省の調査によると、60−79歳の間に結婚した高齢者は、2012年までの10年間で約30%増加した。80歳以上になり結婚した高齢者は、2006年より60%増加した。これは非常に高い伸び率だ。

     高齢者が夫婦になるのは通常、生活の「孤独」によるものだ。年を取れば、連れ合いを亡くすか、離婚することもよくある。
    長年苦労をし、子供を独り立ちさせることは、夫婦にとっての解放であるが、孤独という「束縛」の始まりでもある。仕事をする必要がなければ、生活の多くの時間をつぶす手段がない。
    そこで多くの高齢者が知り合いの紹介やその他の手段により、かつての若者のように新しい友人と知り合う。意気投合すれば、夫婦になる。

     また高齢者はより純粋に恋愛を楽しんでいる。彼らは恋愛する際に、必ず結婚しなければならないとは思わない。
    むしろ遺産相続などの複雑な事情により、再婚に慎重になる。彼らが恋愛するのは、人生の最期にもう一度生活を楽しむためだ。

     日本社会の若者は現実によって恋人を作ろうとしていないが、高齢者は常識にとらわれず果敢に恋愛しようとしている。これはまさに泣くに泣けず、笑うに笑えないことだ。
    「高齢者に学べ」というスローガンを叫ぶだけでは役に立たないだろう。若者が恋愛を楽しみたくないのではなく、残酷な社会の現実がそうさせないのだからだ。

    2015-07-27 08:42:34
    http://jp.xinhuanet.com/2015-07/27/c_134449267.htm
    【【社会】日本の若者、高齢者よりも恋愛に消極的 「恋愛が面倒」「恋愛をする金がない」】の続きを読む

    1:2015/07/27(月) 12:31:39.63 ID:
    ナインティナインが総合司会を務め、25~26日に放送されたフジテレビ「FNS27時間テレビ2015」(25日後6・30~26日後9・54)の
    平均視聴率が10・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

    瞬間最高視聴率は25日午後9時2分の19・1%。オアシズ・大久保佳代子(43)が88キロマラソンのスタートを切る直前の場面だった。

    平均視聴率は「女子力」をテーマにした13年が9・8%。SMAPが総合司会を務めた14年が13・1%だった。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/27/kiji/K20150727010815900.html

    前スレ ★1=2015/07/27(月) 09:50:37.98
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1437958237/
    【【フジテレビ】 「27時間テレビ」平均視聴率10・4%】の続きを読む

    1:2015/07/27(月) 12:06:40.50 ID:
    2015/07/27 10:34 ソル



    大久保佳代子さんが通りそうな場所を無事見つけることができ、そのまま待機。なにやら中継車やスタッフが何度もリハーサルを繰り返しここを通るのは確実。
    そこを生放送で映しているとスタッフから「勝手に映すな」と注意を受けてしまう横山緑。
    本番前のネタバレは業務に支障がでるのでここは諦めて本番まで待機することに。

    その後、大久保佳代子さんの中継が終わると、横山緑はそのまま追走。
    暫くすると警備会社のALSOKが「あまり近づかないでほしい」と言われその忠告を聞き入れ離れて追走。
    ちなみに大久保佳代子さんは新宿方面に向かっているようだ。
    しかし信号待ちでトラブルが起きた。
    赤信号から青信号に変わり追走を再開しようとしたところ、ALSOKに進行を妨害されてしまったのだ。
    これは明らかな通行妨害。
    横山緑はこれには「公道でしょ、ここが公道じゃなくてスタジオならわかるけど。
    今の通行妨害ですよ」と激怒。
    このように配信者はコメントの支援もあり、ある程度は反論できたが、
    ALSOKに「罪になる、名前と住所を聞くことになる」とまるで国家権力かのような発言に屈してしまい追走を断念。

    では横山緑の言い分とALSOKの言い分、どっちが正しいのだろうか。
    簡単にまとめてみるとこうである。
    ・走っていたのは公道
    ・横山緑は進行を妨げられた
    ・ALSOK「許可取って下さい」
    ・ALSOK「ここから戻って逆側の初台駅から帰って下さい」発言
    ・フジテレビはあくまで「使用許可」を得ているだけで「封鎖許可」は得ていない。
    そのため通行の妨害は道路交通法第七十六条二項目該当する。

    本来ならこういう際は叩かれるニコニコ生放送配信者だが、今回ばかりは警備会社の“やりすぎ”ではないだろうか。
    今回のALSOKの対応は動画を見て貰うのが一番手っ取り早いだろう。
    下記に該当箇所の動画を公開しておいたので、ご覧頂きたい。



    http://gogotsu.com/archives/9729
    【27時間テレビで大久保を追走するニコ生配信者とALSOKがバトル! 警備「ここは通るな」配信者「公道だから誰が通ろうが自由」】の続きを読む

    オカザイル①



    オカザイル②



    モーニング娘
    【【27時間テレビ放送事故】岡村の連続ダンスlive、ワイプのガヤがうるさすぎると苦情殺到wwwwwwwwwww(動画あり)】の続きを読む


    4:47~ 【【27時間テレビ】大久保佳代子、消防車のサイレンに「うるさいな!」発言 ネット上で非難の嵐(動画あり)】の続きを読む

    1:2015/07/26(日) 15:48:16.030 ID:

    何が違うんだ?冷たい風が来るとかそんな機能ないのか?首振りと4段階の強さ設定とタイマーしかないんだが?
    【35000円の扇風機買った結果wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1:2015/07/26(日) 14:44:14.53 ID:
    人気コミックを実写化したドラマ『デスノート』(日本テレビ系)の第3話が19日に放送され、
    平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

    第1話は16.9%と今年の民放連続ドラマの初回最高を記録したが、第2話の12.3%に続いて連続で大幅ダウンした。

    そんな中、主人公を支えるアイドルの“ミサミサ”こと弥海砂(あまね・みさ)役で出演している
    グラビアアイドルの佐野ひなこ(20)に「視聴率急落の戦犯」との批判が巻き起こる事態が発生している。

    初回放送から話題になっていたのは、ストーリーや演出よりも「ミサミサ」の容姿だった。
    原作では華奢でスレンダーなミサミサだが、グラビアアイドルでもある佐野はそれとは逆に肉感的。
    さらに、顔がパンパンになっているように見えてしまったため、原作ファンからは「ミサミサじゃなくてブサブサ」という声が数多く噴出した。

    原作との比較だけでなく、2006年に公開された実写映画版『デスノート』でミサミサを演じた戸田恵梨香(26)と比べても大きく劣っていると評されている。
    この有難くない蔑称は流行語のようになり、ドラマでミサミサが画面に映るたびにネット上で
    「ブサブサ」が合唱される状況に。第3話の放送中にはTwitterのトレンドワード入りまで果たしてしまった。

    それどころか放送開始の時刻直前には「ブサブサ待機」「ブサブサを見に来た」「ブサブサが本編でドラマはオマケ」などという書き込みが目立つほどになっており、
    もはやドラマ自体よりも話題になってしまっている状況。このミスキャストが、シリアスに展開するはずだったドラマの雰囲気をブチ壊しにしてしまっていると酷評されているのだ。

    この状況は業界内の評判にも少なからず影響を与えている。関係者たちは初回のロケットスタートに気を良くしていたが、
    気付けば第3話で初回の半分程度の視聴率に。もしこのまま下がり続ければ「今期最高の話題作」から一転、大失敗作の烙印を押されかねない。
    その危機感によって早くも「戦犯探し」が行われているというのだ。

    だが今作は主人公の夜神月に窪田正孝(26)、ライバルのLに山崎賢人(20)という、大手事務所が力を入れている売り出し中の若手俳優を起用しており、
    どちらにも責任を押し付けるわけにはいかない。実際のところ、この二人に関してはそれほど批判もないのが実情だ。
    となると、ネット上で悪評が立ちまくっている佐野に矛先が向かうことになる。

    「業界内では、ヒロインが合わなさ過ぎてネット上で批判が集中したために、ドラマの評判が落ちてしまったという論調になりつつあります。
    『グラビアアイドル上がり』として色眼鏡で見られている佐野は戦犯にしやすいのでしょう」(芸能関係者)

    しかし、佐野ばかりに責任があるわけではないという至極もっともな意見もある。
    「佐野が批判されているのは事実ですが、視聴率低下の最大の要因は脚本や設定の問題。
    天才のはずの主人公を平凡なアイドルファンの大学生にしたり、ライバルのLが肉体派になっていったりといった謎の改変が原作ファンの不評を買った。

    それでも、どう実写化されているのか興味を持った多くの人々が視聴して初回は高い数字を叩き出しましたが、
    その視聴者をつなぎとめるだけの魅力ある内容が提示できなかった。大半の視聴者に『1、2回見れば十分』と判断されてしまったわけです」(前同)

    佐野はスケープゴートにされているに過ぎず、問題の本質は制作サイドにありそうだ。だが、佐野に対する風当たりが今後も強まっていくのは間違いなく、
    ネット上で「ブサブサ」という蔑称が定着すれば美貌がウリであるはずの彼女のイメージにも深刻な悪影響を及ぼしかねない。

    佐野の女優としての試金石になるかと思われた今作。
    しかし、今のところ「ブサブサ」の称号を得ただけにとどまっており、そのうえ戦犯扱いまでされれば踏んだり蹴ったりとなりそうだ。
    http://dailynewsonline.jp/article/992212/

    【ドラマ】人気コミックを連続ドラマ化した日本テレビ「デスノート」(日曜後10・30)第3話は8・7%!★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1437452357/
    【【ドラマ】 デスノート視聴率急落8・7%・・・制作サイドが批判 「佐野ひなこが戦犯だ」】の続きを読む

    1:2015/01/21(水) 18:33:27.35 ID:
    若ハゲ+常識=自殺
    【ハゲの方程式】の続きを読む

    1:2015/07/24(金) 16:27:11.21 ID:
    かっこいいイケメンに会うと、うれしい気持ちになりますよね。イケメンな美容師さん、
    イケメンな店員さん、イケメンな同僚もいるかもしれません。でも実際に好きになるのは、イケメンばかりとは限らないものです。
    男性は「どうせイケメンがいいんだろ」と思っているかもしれませんが、意外と女性はそうでもないようですよ。働く女性の本音を調査してみました。

    Q.あなたが実生活で好きになるのは、次のうち、どのタイプの男性ですか?

    1位「フツメン」75.3%
    2位「イケメン」22.6%
    3位「ブサメン」2.1%

    圧倒的多数、約75%もの女性が、実際に好きになるのはフツメンと回答しました。
    単に身近にいるのがフツメンだからなのか、イケメンは恋愛対象になりにくいのか、詳しい理由を聞いてみましょう。

    ■1位「フツメン」

    ・「イケメンだと落ち着かない、ブサメンは見るのが苦痛。よってフツメン」(28歳/ソフトウェア/技術職)
    ・「見た目よりも中身を重視するから(でもブサメンまではちょっと……)」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
    ・「イケメンでも駄目なところが目につくと一気にアウトだから、結局フツメンがバランスよいという結果に」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
    ・「私の中では相当かっこいいと思っても、まわりからは普通だよ、って言われてしまうので」(26歳/情報・IT/営業職)
    ・「清潔感があれば大体オーケーです」(33歳/医療・福祉/専門職)
    ・「歳をとっても顔立ちや服装など、歳相応に仕上がりそうだから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
    ・「自分の身の丈にあっている気がするから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

    フツメンを好きになる女性は、恋愛に安心感を求めているからかもしれません。
    また、ブサメンは受け付けなくて、イケメンだと気後れすることにより、バランスをとってフツメンという声も多かったもよう。
    長く一緒にいるなら、相性がいい男性が一番ですね。

    ■2位「イケメン」

    ・「やはり顔がかっこいいと、ちょっとしたことでイラっとしない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
    ・「誰だってイケメンが好きでしょ」(33歳/生保・損保/営業職)
    ・「なんとなく高望みをしているのだと思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
    ・「正直かっこいいほうがいいから」(24歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
    ・「ぱっと見がいいと思わないと好きになれない」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

    やっぱりイケメンはかっこいいものです。イケメンは数が少ないので競争率が高く、
    モテるイケメンは自信過剰なこともあるため、恋愛においては難関かもしれません。
    そのため、イケメンで性格がよくて自分を大切にしてくれて相性がいいなら、言うことないですよね!

    ■3位「ブサメン」

    ・「実は性格がよかったっていうギャップがいいと思ったので」(32歳/学校・教育関連/営業職)
    ・「ブサメンほど、一生懸命愛してくれる。不思議なものですね」(25歳/食品・飲料/技術職)
    ・「優しいから」(30歳/医療・福祉/専門職)

    ブサメンだから好き、と言うよりは、ブサメンだけど性格がすごくいいから好きになったというところでしょうか。
    女性もヘアメイクで変身できるように、男性も体型やファッションによっていくらでも変身できます。
    会ったときはブサメンでも、すぐにフツメンになるでしょう。

    4人の内3人もの女性がフツメンを好きになっているという現状は驚きでしたね。
    人口比率と同じかもしれませんが、男女の相性というものはよく出来ていますね。

    (ファナティック)

    http://woman.mynavi.jp/article/150724-45/
    【【話題】イケメンがモテる時代は終わり!? 女子75.3%→実際、好きになるのは「フツメン」。その理由とは】の続きを読む

    1:2015/07/24(金) 16:47:45.776 ID:
    おぉん?(´・ω・`)
    【年収4桁だけど質問ある?】の続きを読む

    このページのトップヘ