ハゲニュース

    1:2016/05/27(金) 11:12:41.39 ID:
    男子にとっては将来のことで心配なのが「薄毛」ですよね。父親がそうだとか、だんだんとおでこが気になりだしたとか、
    毎日心配になっている人もいるのではないでしょうか。今回は男子大学生のみなさんに、
    なにか薄毛対策を始めているかどうかについて聞いてみました。

    ■薄毛対策はしていますか?している   29人(14.4%)
    していない  173人(85.6%)

    対策をしていると答えた大学生は約1割でした。では、それぞれの理由についても聞いていますのでご紹介しましょう。

    ■薄毛対策している理由を教えてください
    ●親が……
    ・父方の家系がハゲだから(18歳/大学1年生)
    ・親も薄毛だから(21歳/大学4年生)
    ・遺伝が心配なので(19歳/大学2年生)
    ・家系的に心配なので(20歳/大学3年生)
    ●イヤだ!
    ・ハゲになったら恥ずかしい(19歳/大学1年生)
    ・ハゲたら怖いから(20歳/短大・専門生)
    ・はげたくない! (20歳/大学3年生)
    ・最近薄くなっているように感じるから(26歳/大学院生)
    ■対策していない理由を教えてください
    ●若いから
    ・この年齢で心配することはない(21歳/大学4年生)
    ・気にする歳ではない(21歳/大学3年生)
    ・まだ早いと思っている(19歳/大学2年生)
    ・今のところ目だっていないから(21歳/大学4年生)
    ●不安はない
    ・家族や祖父を見ても薄くはないので大丈夫だと思う(23歳/大学4年生)
    ・遺伝的にハゲがいないから(20歳/大学3年生)
    ・多いので逆に困っている(21歳/大学4年生)
    ・不安に感じることはないので(20歳/短大・専門生)
    ●その他
    ・結局いずれハゲるから(21歳/大学3年生)
    ・対策にお金がかかるから(22歳/大学院生)
    ・何をすればいいか良くわからないから(23歳/大学4年生)
    ・無駄な抵抗はしない(20歳/大学3年生)

    遺伝が心配な人など、薄毛が既に身近な悩みとなっている人もいるようです。やっぱり防げるものなら防ぎたいですよね。

    いかがでしたか? 医学が進歩しても特効薬が発明されていないのが薄毛。ですから、
    やれる範囲で何とか食い止めたいものです。いずれ特効薬が発明されることを祈りながら、
    男子のみなさんは予防に励んで下さいね。

    文●ロックスター
    マイナビ学生の窓口調べ 調査日時:2016年5月 調査人数:男子大学生202人
    http://news.ameba.jp/20160526-1175/

    【【調査】「ハゲになったら恥ずかしい」「ハゲたら怖い」 薄毛対策をしている男子大学生は約1割】の続きを読む


    髪の毛の量を劇的に増やすことができる、画期的且つ衝撃的な方法がついに解明された。

    米南カリフォルニア大学がおこなった研究によると、髪の毛を200本抜くと、なんとその6倍の量が生えてくることがわかったというのだ。

    ■200本抜くと6倍になって帰ってくる

    薄毛に真剣に悩む人たちにとっては、かなり勇気のいる決断となりそうなこの増毛方法。

    実験では、マウスの毛を200本抜き、1カ月後にその部分を再度調べたところ、少なくても元の倍(400本)、多くて6倍(1200本)も新しい毛が生えていることが判明したとか。

    これは、毛を抜くことにより周辺の肌細胞に毛を生やすよう化学信号が送られ、炎症蛋白質が分泌されるためだそう。

    炎症蛋白質は傷口を修復するために免疫細胞を招集する作用があり、これによって普段は休んでいる毛も刺激されて出てくるのだと考えられるという。


    http://irorio.jp/asteroid-b-612/20150412/220405/



    【【朗報】カリフォルニア大学「髪の毛を200本抜いてみ?6倍の1200本になって生えてくるからw」】の続きを読む

    1:2016/04/30(土) 06:56:50.87 ID:
    NHK 髪の毛作る器官を大量作製毛を生やす実験に成功
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160430/k10010504331000.html
    きたあああああああああああああああああああああああああああ

    髪の毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を大量に作り出し、
    新たに毛を生やすことに横浜国立大学の研究グループがマウスを使った実験で成功しました。
    将来、人の髪の毛を再生させる治療法につながると注目されます。
    この研究を行ったのは、横浜国立大学の福田淳二准教授らのグループです。
    グループでは、マウスの胎児から毛包を形づくる2種類の細胞を取り出し、
    酸素をよく通すようにした300個以上の小さな穴があるシャーレの中で培養しました。
    すると穴の中で2種類の細胞が自然に分かれ実際に体内で形づくられるのと同じように、
    毛包が形成されたということです。これをマウスの背中に移植したところ、
    長さ1センチほどの黒い毛が生えてきて、毛が生え替わるサイクルが働き始めたことも確認できたということです。
    髪の毛を作り出す毛包を人工的に大量に作り出す仕組みが出来たのは初めてだということで今後、
    人の脱毛症などの治療に使えるように研究を進めていくということです。
    福田准教授は「今後3年間程度で人の細胞を使った実験を進め10年後をめどに
    実際の治療として成り立つようにしたい」と話しています。

    【NHK 髪の毛作る器官を大量作製毛を生やす実験に成功】の続きを読む

    1:2016/04/28(木) 17:58:38.79 ID:
    JR北海道は28日、利用者数が低迷している留萌線の留萌―増毛間(16・7キロ)の鉄道事業廃止届を
    国土交通省に提出した。今年12月4日が最終運行日となる見通し。

    JR北海道の島田修社長が国交省北海道運輸局の川勝敏弘局長に書類を提出。取材に応じた島田社長は
    「苦渋の決断だが、(地元の留萌市、増毛町には)利用実態と当社の経営の現状をご理解いただいた。
    感謝申し上げる」と述べた。

    JR北海道によると、2014年度に同区間の1キロ当たりの1日平均利用者数は39人で、100円の
    営業収益を得るための経費は4554円だった。

    ソース/京都新聞社
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160428000104

    【【禿ニュース】留萌―増毛間の廃止届提出 JR北海道、国交省へ】の続きを読む


    イザベル・カプランちゃんが生まれた時、彼女の頭には既に完全な頭部を持っていました!そう、既に髪の毛が生えそろっていたのです!
    彼女の誕生以来、約2ヶ月半の間に、彼女の髪はこんなにふさふさになりました!
    彼の父親のマッケンジーがFacebookやInstagramに娘の写真を投稿した所、ネットでたちまち大人気になりました!

    1

    2

    3



    http://abcnews.go.com/US/baby-girl-born-full-head-hair-internet-star/story?id=37915741



    【生まれながらにして、髪の毛がふさふさの赤ちゃんが凄い!】の続きを読む
    モッピー!お金がたまるポイントサイト

    このページのトップヘ